PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

野鳥と人間との信頼関係

 七飯町上藤城に移住してきてから9年目を迎えた。夫婦二人きりの小さな平屋の家を建てた。そして庭を広めにした。花木でいっぱいにした。
 そして、野鳥用のエサ台を3ヵ所に、巣箱を1ヵ所に設置した。エサは毎年11月頃から翌年4月頃まで与えている。手なずける目的ではなく、小鳥のさえずりが聴きたいからだ。
 スズメにはクズ米(老夫婦で営んでいる函館の米屋さんで、スズメ用として安く売られている)を与えている。半年間で50キロは食べてしまう。ヒヨ鳥には七飯町産のリンゴを1日数個与えている。リンゴは農家の無人直売所でジュース用として、100円で5,6個買える。わが家ではヒヨ鳥と同じものを食している。
 シジュウガラ、ゴジュウガラ、ヤマガラ、ヒガラはヒマワリを与えている。ひとつくわえては飛んでいく。それを繰り返しやっている。
 アカゲラ、ミヤマカケスは落花生が大好物である。アカゲラやカケスに限らず、ヒヨ鳥以外はこの落花生が大好きである。この落花生が一番高価である。わが家の家計を圧迫している。落花生は節分の前後にスーパーで大量に売られる。特売日や節分後に安く売られるときに買い占めておく。ストックがきく。もちろん中国産の安いやつだ。この間、あるスーパーで袋詰め放題200円で、お一人様1回限りで販売していた。当然夫婦でチャレンジした。
 移住当初はエゾリスやキテンも毎年訪問してくれていたが、ここ数年お目にかかっていない。
 わが家では別格扱いの老はしぼそガラスがいる。一番安い肉とかただの脂身を与えている。
 以前オニぐるみやどんぐりをあたえていた。カラスやカケスは土の中に隠す習性がある。わが家の庭にはくるみやどんぐり木が生えている。そのままにしてある。
 ここ数日、野鳥の天敵であるハイタカがご出勤してきている。スズメの数が減ってきているのはこのせいだ。
 エサは1日3回与えている。そのつど完食である。米は数分でなくなる。スズメは腹がすくと
玄関前で整列して妻の出てくるのを待つている。わが家生まれのコスズメは妻と行動をともにしてついてくる。エサの時間以外に外にいきずらいとこぼしている。
 ガラ類は、小生の鳥語で呼ぶとすぐにどこからか飛んでくる。ゴジュウカラやヒガラは人間を怖がらない。とてもなつっこい。わが家にくるアカゲラは、白い部分が黄色ぽく変色していてきたなく見える。この子は7,8年前からきているおなじみさんである。
                                                  SH記

| よもやま話 | 15:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。